クリーニングで洗うということ。


プロモーションビデオ第3弾「明治屋PV」

プロモーションビデオ第2弾「洋服の旅」

今やクリーニングは、衣服などを洗う際に珍しい手段ではなくなり、
当たり前のように、様々なお客様が日々ご利用されることが多くなっています。

ですがクリーニングは、ただ洗うだけ、綺麗にするだけが重要ではありません。
衣類をまた以前のように着れるような状態にするできるだけ元の状態をキープする
そして可能な限り、前よりもキレイに、着やすくする
ということが大切です。

衣類は和紙などと同じく繊維で出来ているため、
日々の生活で同じ衣服を何度も洗うと、どうしても繊維が弱くなったり壊れたりします

そのためクリーニングで洗う際は、繊維へのダメージを最小限におさえ、
色移りが起こらないように、ボタンなどの装飾品が破損しないように配慮したり、
衣服が破損しにくい機器を導入するなど、
ダメージがないよう、衣服ごとに常に細心の注意を払って丁寧に仕上げています

「すべてはお客様のために。」

この言葉をスローガンに、お客様の衣服をお預かりしてから最後の仕上げまで、
責任を持ってお取り扱いするとともに、
社員一人ひとりが一丸となって、
お客様の日々の笑顔のために取り組んでまいります

 


おかげさまで創業99周年。
地元佐賀で、これまでも、これからも。

明治屋クリーニングは大正14年(1925年)、
創業者の大石吉郎が佐賀市唐人町でクリーニング事業を創業し、
それ以来、佐賀で初めてのドライクリーニング導入や、
九州で初めてのクリーニングのドライブスルー事業開始など、
精力的に、先進的事業の展開を行ってきました。

そのスピリットは令和となった現在でも引き継がれており、
ネットでのサービス展開や、新しい技術・機器の導入、
特殊形状のクリーニングなど、
過去の観念にとらわれない、新しいサービスの形を求め続けています。

そんな私たち明治屋クリーニングの、事業にかける想いは、
お客様の衣服をキレイに仕上げることはもちろん、
ひいては、お客様の日々に彩りを添え、笑顔につなげること。
それを使命として、ひとつひとつを丁寧に、努力することだと思っております。

当社が、おかげさまで創業99周年を迎えられたのは、
ひとえに、そのような私たちの事業に対しての、
お客様のご理解・ご協力の賜物と思っております。

これからも、新しいことに挑戦しつつも、
ひとつひとつを丁寧に。手間ひまかけた品質を。
クリーニングのプロとして、お客様に寄り添ってまいります。

「一着を大切にする。」